RECRUIT営業アシスト採用

GIFTキャディの1日

日本テクノの”GIFTキャディ”

当社は電気の「見える化」システムを導入いただいている法人のお客さまに対して、賢い電気の使い方をご提案するなど、定期的にアフターフォロー(アシストサービス)を行っています。

私たちはこうしたサービスを「GIFT」(お客さまへの贈り物)と呼んでおり、それにゴルフプレイヤーをサポートする「キャディ」の名称を加えて「GIFTキャディ」と命名しました。お客さまに寄り添い、省エネ活動による生産性向上を支援していくという意味が込められています。たくさんのお客さまが「GIFTキャディ」からのアドバイスを待っています

GIFTキャディの1日

和田 英理子さん 近影

和田 英理子さん(宇都宮エリア担当)

前職は製薬会社の営業を担当。妊娠を機に退職したが、幼稚園に預けられる年齢になり、2017年7月にGIFTキャディに登録した。「○○ちゃんのお母さん」だけでなく、1人の女性として輝ける仕事を見つけたという和田さん。生き生きとし、オシャレに気を遣うようになった彼女の姿を見て、子どもたちは「働いているお母さんが好き」と話す。

9:00~13:30勤務の場合
START

Face Time

所長に業務開始報告

CHECK

MAIL

A社訪問報告

CHECK

MAIL

B社訪問報告

CHECK

MAIL

C社訪問報告

FINISH

Face Time

所長に所長に業務終了報告

9:00~13:30勤務の場合
9:00

自宅を出発
9:10に子どもを
幼稚園に預ける

9:30

A社前に到着
予定より早く着いたため、来週のアポイントをとる

10:00

A社訪問
過去1年の電力ピークを振り返り、現在の取り組みを確認。今年の夏に向け、新しい対策を提案する

10:45

B社前に到着
先ほどつながらなかった担当者に再度アポイントをとる

11:00

B社訪問
店内のエアコンの台数を確認。開店に向けたエアコンの立ち上げ方を提案した

12:00

昼食

13:00

C社訪問
電力の目標設定値に余裕があったため、ERIAモニターで目標値変更の操作方法を案内した

13:30

業務報告
本日の提案内容をまとめてお客さまにメールで送付。お客さまからのご依頼を営業担当に伝え、本日の業務報告

14:30

幼稚園へお迎え

働き始めても、子ども中心の生活は変わらない

現在3歳と6歳の子どもがいます。幼い時期はしっかりと育児に携わりたかったため、長男の妊娠を機に前職を辞めました。それから長女が誕生して3年が経ち、そろそろ社会復帰したいと考えていたときに、GIFTキャディの求人を見つけました。応募したポイントは、子どもの都合を考慮して無理なく働けること。再就職しても、子どもに寂しい思いをさせたくありませんでした。目標の年間訪問数に向けて自由に計画を立てられるため、週3~4日は9:00~14:30ごろまで働き、幼稚園の行事やママ友会の日は休んでいます。

入社前は、前職と異業種であること、再就職まで約6年間のブランクがあるという点に不安を感じていましたが、同行を含めた研修制度があり、定期的に勉強会も実施されているので安心しました。また、現場での不明点は営業担当に、タブレットPCなど営業ツールの不具合は関係部署に連絡すれば、すぐに対応してもらえるなどバックアップ体制が整っていると感じています。何ごとも新しいことを始めるには不安はつきもの。日本テクノはサポート体制が充実しているため、安心して働けます。

和田 英理子さん 写真

※掲載内容は2018年3月時点のものです。

採用に関するお問い合わせ

受付時間 9:30~17:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)