サステナビリティ

ガバナンス Governance

コーポレート・ガバナンス

基本的な考え方

事業環境が刻一刻と変化する電力業界において、持続可能な成長と企業価値の増大を図るには、コーポレート・ガバナンスが不可欠であるとの認識のもと、コーポレート・ガバナンスの強化に取り組んでいます。すべてのステークホルダーを尊重し、健全性、透明性を高めるとともに、迅速で合理的な意思決定体制および業務執行の効率化を可能とする社内体制を構築し、長期的かつ安定的な企業価値の向上に努めています。

コーポレート・ガバナンス体制

会社の機関として取締役会、監査役会を設けるとともに、経営および業務執行に関する協議・諮問機関として経営会議を設置しています。

コーポレート・ガバナンス体制

取締役会

取締役会は、現在、取締役9名(うち社外取締役2名)で構成され、毎月開催される定例取締役会にくわえ、必要に応じて臨時取締役会を開催しています。取締役会においては、経営上の重要な意思決定を行うとともに、各取締役の業務執行の監督を行っています。

監査役会

監査役会は、常勤監査役1名、社外監査役2名の合計3名で構成されています。各監査役は、取締役会およびその他重要な会議に参加するほか、監査計画に基づき、重要書類の閲覧、役員・職員への質問などの監査手続きを通して、経営に関する適正な監視を行っています。また、内部監査室および会計監査人と緊密な連携をとり、監査の実効性と効率性の向上に努めています。

経営会議

経営会議は、経営の全般的執行についての方針、ならびに企画・立案分析などを行う機関として設置しています。出席者は常勤取締役およびその他代表取締役が必要と認めたもので構成され、毎月1回以上開催して経営に関する重要事項の審議または決議などを行っています。

内部監査室

内部監査室は、業務および財産の実態ならびに情報システムなどの適合性および適正性を監査し、経営の合理化および効率化に役立てるとともに不正および過誤の防止に努め、経営管理に寄与しています。

会計監査人

会計監査人は、コーポレート・ガバナンスの重要な役割であり、適宜、監査役、内部監査室と連携し、監査計画や監査報告について意見を交換しています。

その他

内部統制システムやリスク管理体制の整備(BCPなど含む)、反社会的勢力への対応といった経営管理体制の構築も行っています。