現在のページはホームの中の社会・環境への取り組みの中のわたしたちの取り組みの中のソーラーパワービルです。

日本テクノ株式会社は、2006年3月から独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同プロジェクトとして、所有する神奈川県相模原市内の自社ビル壁面に、太陽光発電システムを導入し、クリーンエネルギーの実用化を図りました。

ソーラーパワービルとは?

社員研修

ビル壁面にソーラーパネル172枚を設置し、システム全体で最大30kWの発電が可能。事業所内の消費電力の約1/3分を太陽光によって賄うことができ、年間約50万円もの電気料金の削減を実現しています。


「ソーラーパワービル」は、日本テクノの環境貢献企業としての象徴であり、地球環境保護への自覚を持った人財を育成する研修施設としても利用されています。

ビルの側面には電光掲示板を設置して、現在の電力発電量やCO2削減状況などを表示し、当社の環境貢献活動とクリーンエネルギーの“見える化”を実践しています。


2008年2月には、「第5回かながわ 新エネルギー賞」を受賞。通常、屋上などに平置き設置される太陽光パネルをビル壁面に取り付け、道行く人の省エネ意識を促進したことが評価されました。


2009年5月には、当時最新の業務用空調を全フロアに導入し、より高いエネルギー効率を実現しました。